Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気blogランキングへ

『ふつうのHaskellプログラミング』第3章

第3章まで終了。

 この章で、高階関数が出てきた。「関数を引数に取る関数」って定義だけ聞くとフーンって感じだが、実際考えだすとちゃんと理解できてるかどうか不安。というか、まだ高階関数の例として map しか出てきてないので、正直よく分からん。

人気blogランキングへ

『ふつうのHaskellプログラミング』はじめました

関数型言語に興味があったので、話題の『ふつうのHaskellプログラミング』を読み始めた。

 まずは、実行環境の構築から。本書では、Haskellの処理系として GHCが紹介されてるけど、どうやら PowerPC Mac用の GHC は用意されてないらしい。(Intel MacでGHCを動かす事は可能みたいだけど(404 Blog Not Found:haskell - GHC on Intel Mac))

 というわけで、hugs98というインタプリタを以下のサイトをインストールした(参考サイト:Mac OS X : Software Install Memo)。マシン環境は、PowerPC の iMac G5(Tiger)。
  1. まず、DarwinPortsをインストール
    1. DarwinPortsのサイトからTiger用のdmgファイルをダウンロード([dmg for Tiger]をクリック)して、インストール。
    2. DarwinPortsは、/opt/loccal/bin にインストールされるので、.bashrcを編集して、パスを通す(hugs98もこのディレクトリにインストールされる)。
      $vi ~/.bashrc
      #以下の行を追加
      export PATH="$PATH":/opt/local/bin

  2. DarwinPortsを使って、hugs98をインストール
    1. まず、確認 $ port search hugs
      hugs98    lang/hugs98    @plus-May2006 The HUGS Haskell Interpreter
      hugs98-devel lang/hugs98-devel @Mar2005-patched The HUGS Haskell Interpreter, development snapshot.
    2. 引き続きインストール $ sudo port install hugs98
      ・・・で、これに結構時間がかかった。コマンド実行からインストール終了まで約45分。
    3. 動作確認 $ hugs
      __   __ __  __  ____   ___      _________________________________________
      || || || || || || ||__ Hugs 98: Based on the Haskell 98 standard
      ||___|| ||__|| ||__|| __|| Copyright (c) 1994-2005
      ||---|| ___|| World Wide Web: http://haskell.org/hugs
      || || Report bugs to: hugs-bugs@haskell.org
      || || Version: May 2006 _________________________________________
      無事インストールできているようだ。

  3. Hello Worldを実行してみる
    1. 本書で紹介されている hello.hsを作成。ただし、hugs の場合、1行目におまじないが必要なようだ。
      module Main (main) where
      main = putStrLn "Hello World!!"
    2. runhugsコマンドで実行
      $ runhugs hello.hs 
      Hello World !!
というわけで、環境も整ったので読み始めた。第2章まで読み終えたが、まだ関数型言語っぽいところまでは進んでいない。
ふつうのHaskellプログラミング ふつうのプログラマのための関数型言語入門 ふつうのHaskellプログラミング ふつうのプログラマのための関数型言語入門
青木 峰郎 (2006/06/01)
ソフトバンククリエイティブ

この商品の詳細を見る


人気blogランキングへ

テクニカルエンジニア(データベース)試験に合格!!

なんと、合格してしまった。
受験番号 DBXXX - XXXX の方は,合格です。

午前試験のスコアは,670 点です。
午後I試験のスコアは,700 点です。
午後II試験のスコアは,620 点です。

ブログを見返してみると、勉強時間は、どう見積もっても100時間以下だろう。模擬試験なんかは、E判定取ってるしw

中村俊輔並みのラッキーゴールと言っても差し支えないかもしれない。


ちなみに、やった勉強方法をまとめると

こんなとこだろうか。勉強の過程をブログで公開するというのは、結構効果があるのかもしれない。




人気blogランキングへ

午前は大丈夫っぽい

復習がてら午前問題をやってみたが、結構解けた。
午前問題の勉強はこの辺にして、
午後問題の方に力を入れよう。

現在までの勉強時間 70.5時間


人気blogランキングへ

手遅れかもしれないが

仕事が一段落ついたので、やっと勉強できる。
と言っても、今から頑張っても厳しい気もするが・・・
 
とりあえず、やるだけやろう

現在までの勉強時間 68.5時間

人気blogランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。